JAM東海

JAM東海第21回定期大会質疑応答(4)

JAM東海第21回定期大会でいただいた、意見・要望を紹介します。

<第3号議案 労働協約と2019年年末一時金闘争取り組み方針に関する件>
発言者:ダイキン工業労働組合名古屋支部 田野代議員

方針に60歳以降の賃金カーブの図で『60歳以前と同一の働き方の場合は、連続した処遇制度とし、一時金なども含めて、同一の処遇とする』とあります。世間では60?80%で推移すると聞いています。体力的な部分や、若手社員の台頭が理由と思いますが、そうした中でJAMが100%現役時代と同等とする考え方について教えていただきたいです。

回答者:執行部(佐々木副執行委員長)

悩ましい問題です。高齢者雇用については長澤運輸事件のように、一審、二審、最高裁で判断が異なり、法的にもそこがしっかり解釈されていないのが実態です。同じ仕事をしていれば同じ賃金なのは当たり前ですが、差に合理性があるかという点もあります。つまり、仕事の内容だけでなく仕事上の責任も関係してくるということです。60歳以降の環境は昔と変わっています。仕事の内容は以前と変化がないようであれば、今まで同様の賃金を求めるのは筋だと思います。ただ、相手のあること、支払い側の体力も関係しますので非常に難しいことと思いますが、JAMとしてもしっかりと指針を出していかなければならないと思います。


Tel:052-871-4784