JAM東海

スキルアップ講座を開催しました。

 2022年6月11日(土)教育宣伝部の主催で、スキルアップ講座を開催しました。
第一部は「今から始めるSDGs」として、NPO法人泉京・垂井の副代表理事 神田 浩史 氏による講義が行なわれました。神田氏は「日本は環境への配慮が遅れていること」や「このまま今の生活を続けた際に資源が枯渇する」といった基本的な問題を挙げました。また、「若年層は学校教育の中でSDGsを学ぶようになり、この活動が近い将来企業としても当たり前となってくる」といった将来への展望も語りました。加えて「SDGsを取り入れることで業績が伸びた企業もあり、SDGsは制限ではなくむしろチャンス。きっかけとしてSDGsを捉えて欲しい」と話しました。

第二部では「自分も相手も大切にするコミュニケーション」として、プロカレント チーフコンサルタント 近藤 千恵子 氏によるグループワークを中心とした講義が行われました。アサーションとは、相手の話を受け止めつつ、自分の考えを伝えることで、実戦形式のグループワークを行いました。特にグループワークでは、実際にこのような場面に直面したことのある参加者も多く、身近な問題として熱のこもった議論が行われました。

教育宣伝部 事務局 上村 武正






読まれる機関紙を 広報セミナー

 2022/2/26(土)午前10時からJAM企画・渉外グループ副グループ長の八鍬雅幸氏を招いて、21組合47名の参加でJAM東海広報セミナーがWeb開催された。
セミナーでは「文章・見出しの立て方」「読まれる機関紙とビラの作り方」を中心に講義を行い、「読まれる文章」の書き方や句読点の使い方、見出しの立て方といった基礎的な内容や写真の撮り方、アングルによる印象の違い、記事のレイアウトについてもポイントのレクチャーがあった。
セミナー終了後のアンケート結果からも参加者の満足度は高く、「読まれる記事の書き方」という点で日常の新聞の読み方まで変わる講演だった。
また、午後には全国オルグ中の村田きょうこ氏がWEBで参加され、基幹労連殿の機関紙の紹介とともに、残り限られた日数で周知を広めるには、皆さんの協力が必要であると参加者に要請した。

JAM東海 教育宣伝部 事務局 上村 武正



JAM東海

JAM東海

〒456-0032
名古屋市熱田区三本松町9-2
TEL:052-871-4784
FAX:052-882-6870

Tel:052-871-4784