女性協議会

JAM東海東三河地区協第3回女子会

6月19日(日)ロワージールホテル豊橋において、JAM東海東三河地区協「第3回女子会」(2年ぶり3回目)が開催されました。東三河地区協:郡山議長(武蔵精密労組:執行委員長)、金子事務局長(AIHO労組:書記長)、鈴木オルガナイザー(JAM東海:東三河地区協担当)、東三河構成組合の7組合から26名の女性の方々にご参加頂き、総勢29名で楽しいひと時を過ごさせていただきました。東三河地区協女子会運営委員を代表し、改めて心より感謝申し上げます。

第1部では、「テーマ1:会社の制服について」と「テーマ2:女性目線の困りごと」の2項目をテーマにグループワークを行いました。
「テーマ1:会社の制服について」は、下記の様に色やデザインに対して多くの意見が出されました。
・白い作業着のため、下着が透けていないかが気になる。
・年間1枚の支給(申請後交換支給)のため、洗濯頻度が高くすぐ色落ちしてしまう。また、綿100%の素材のためしわになりやすくてアイロンがけに手間がかかっている。
・事務服がオールシーズンのため、夏場はかなり熱い。タイトスカートのため、座った時には注意が必要。
「テーマ2:女性目線の困りごと」においても多くの意見が出されました。
・同一業務をしているが、評価に男女差がある様に感じる。
・洋式トイレが少ない。トイレに個人ボックスがない。トイレ個室に荷物フックがない。音姫がない。など、女性の身だしなみに関わるものが欲しい。
・社食は男性向けメニューが多いため、量も多いし、ハイカロリーなのが気になる。
・コミュニケーションのためかも知れないが、下ネタを言われた事がある。

第2部では「テーブルマナー:洋食」を、同ホテルの方に講師を依頼し行いました。
フォークナイフの使い方、食事途中・食事終了のサイン、食べ方や食べ残し方法などを基本から丁寧に教えて頂きました。参加者の方からの質問にも丁寧にお答えいただき、美味しい食事と会話を楽しみながら、改めてテーブルマナーを学ぶことができました。

最後に、東三河地区協の運営方法を紹介させて頂きます。
女性活躍推進の一環として「女性たち自らが考え行動し運営する。その中で課題や成果を、身を持って経験して欲しい。」と言う地区協役員の考えから、東三河地区協構成組合より5組合(各2名)の女子会運営委員を選出し、企画・立案・ホテル交渉・当日運営までの全てを、役員の方々のサポートを得ながら行いました。最初は戸惑いもありましたが、幹事会を進めるごとに金子議長(武蔵精密労組:女子会運営委員会議長)を中心に団結力が増し、幹事それぞれが個々の役割を十分理解し行動することができました。女子会復活に向け最初から携わることができたこと、無事開催できたことは、幹事全員の自信につながったと同時に、この様な貴重な経験ができたことは、東三河地区協に働く女性たちの“活躍に向けての第一歩”になったと確信しています。

オーエスジー労働組合 井澤愛 (JAM東海愛知県連女性執行委員・女性協議長)



東海With持ち出し幹事会

JAM東海Withでは4月8日、9日に持ち出し幹事会&研修会を実施しました。
今回の幹事会では、4月から施行された女性活躍推進法を踏まえ、工場見学と、育児・介護休暇等法制度の勉強会を行いました。

1日目はまず、中村幹事の勤務する太平洋工業(株)北大垣工場様、同労組様のご協力により工場見学を受け入れて頂きました。製造・検査ラインでは、4Sが行き届いていることや、社員のその日の体調が表示できることなど、働きやすい職場環境づくりに会社全体で取り組まれている点に驚きました。幹事からは、感嘆とともに、「自社にぜひ取り入れたい!」との感想が多く出ていました。

次に、人事部今枝課長より、「『働きがいと成長を実感できる仕事』と『充実した私生活』との両立に向けた取り組み』」についてご説明をいただきました。太平洋工業(株)様では、育児・介護休暇等において法定以上の制度を持っているだけでなく、ワークライフバランスの実現に向けて社員の声を制度に反映しているというお話を伺いました。女性だけでなく、一緒に働いている様々な人のライフステージも大切にされていると感じ、非常に勉強になりました。また「権利を主張するだけでなく、自分に与えられた義務を果たさなければならない」との言葉が印象的でした。

2日目は、「わが社の制度・職場環境・仕事の役割、分担」というテーマで研修会を実施しました。井澤議長が作成してくださった資料に基づき、法制度の確認と、各幹事による自社の優れた制度紹介を行いました。今までぼんやりとしか知らなかった制度について、本研修会で学ぶことができました。今後の幹事会でも、現状の制度を把握し、女性を含め多様な働き方へ対応できるような制度へ改正できるよう取り組んでいきたいと思います。

この2日間で、今まで以上に幹事同士が仲良くなり、また、意識を高め知識を深めることができました。今後も皆さんに興味を持っていただける、楽しく学べる企画・活動を行ってまいります。皆様のご理解・ご協力を頂けますよう、どうぞよろしくお願い致します。


東海With幹事 CKD労働組合 岩田麻里



JAM東海女性協議会(With)第8回定期総会

 JAM東海女性協議会(With)では、11月8日(日)サイプレスガーデンホテルにて第8回定期総会を開催し、28単組66名(女性59名、男性7名)にご参加を頂きました。皆様のご参加ならびに各構成組合の皆様にご協力頂いたお蔭です。心より感謝申し上げます。

総会では、井澤議長の挨拶で始まり、皆様に伝わりやすいようにパワーポイントを使用して2015年度活動報告及び2016年度活動計画、そして2016年度役員選出・総会宣言が確認されました。

Withは女性組合員にもっとも近い組織であり、女性の労働組合への参加のきっかけとして、大きな役割を果たしています。女性組合員が交流を強め、「情報発信」「交換」「共有」できる行事の企画・立案、「女性のネットワークづくり」への環境を整備する事をWithの活動の柱として取り組んで参ります。

2016年度JAM東海の役員体制では、JAM東海の男女平等参画推進計画に基づき、二人目の女性執行委員が選出されました。女性協の担当三役は昨年度に引き続き木戸副執行委員長です。東海Withは井澤議長を中心に各単組から選出された16名で活動して参ります。

総会後は講演会を二部構成で聴講しました。第?部は、「健康な美肌」とテーマに日本メナード化粧品株式会社より井上真樹子氏を講師に招き、肌の断面図のしくみや、美しい肌を保つための洗顔方法や、マッサージのポイントを伝授して頂きました。試供品を使いながらの実演もあり、参加者はつるつるしっとりとしたお肌になりとても満足そうな顔をしていました。

第2部は、「女性と政治の関わり」をテーマに衆議院議員の山尾しおり氏を講師に招き、検事から政界を目指したきっかけや、数々の議員立法に関わられた内容をわかりやすく説明して頂きました。山尾さんが担当した、女性活躍推進法では、働く女性がオバーワークにならず、子育てと仕事が両立できる環境づくりを働きかける法律となりました。山尾さんの信念を本会議場で演説するDVDを拝見して、私たちの声を届けるのは民主党しかないと強く実感しました。

藤川しんいちさん必勝に向けた取り組みとして、上野副議長より自単組で作成した資料を使用して、なぜ応援するの?何をしてくれるの?と説明して頂き、参加者全員が藤川氏必勝に向けて、熱いメッセージを記入しました。

懇親会では、じゃんけん大会を実施しながら、和やかな雰囲気で他労組と交流を深めることができました。

今回の総会では、過去最高人数の参加を頂きました。Withの活動が多くの方に興味を持って頂いたおかげだと実感し大変嬉しく思います。少しずつではありますが、“一歩前進”できたと思います。

今後も「明るく・楽しく・元気よく」をモットーに活動を進めていきますので、皆様のご理解・ご協力賜りますようよろしくお願い致します。

東海With幹事 NTN労組桑名支部 伊藤弥生



Tel:052-871-4784